電話連絡なしで在籍確認が出来るキャッシング会社ってある?

キャッシングの在籍確認は、申し込みの際に申告された勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認する目的で行われています。

 

その為、間違いなく在籍していることさえ確認できれば、それ以上の内容を尋ねられることはありません。在籍の確認方法も不自然にならないように配慮されており、たとえ勤務先に在籍確認の電話がかかってきても、勤務先にキャッシングの審査であることがバレる心配もないでしょう。

 

電話による在籍確認で尋ねられる内容

電話による在籍確認の場合、どうしても自分以外の誰かが電話を取り次ぐ可能性が高くなると思います。

 

もしも電話でキャッシング会社名が出されてしまうと、電話を受けた同僚にはキャッシングの在籍確認であることが知られてしまうかもしれません。

 

しかしキャッシングの在籍確認ではキャッシング会社名が出されることはなく、審査の担当者が個人名で電話をかけてきてくれるので、安心してください。

 

プライバシー保護はキャッシング会社にとっても重要なポイント

キャッシングの利用者にとって、在籍確認による会社バレは忌避すべき点となっています。その為、プライバシー保護に留意してくれないキャッシング会社は、会社バレを避けたい利用者からは選ばれにくいです。

 

キャッシング会社としては出来るだけ顧客を増やしたいという思惑を持っているわけですから、顧客の需要に応えることが重要なポイントとなってきます。在籍確認の電話の際に顧客のプライバシー保護を考慮することは、利用者にとってだけでなく、キャッシング会社にとっても不可欠なのです。

 

キャッシング会社の配慮が功を奏さないケース

電話による在籍確認ではキャッシング会社名が出されることはありませんが、それでも勤務先に不審に感じさせてしまうケースもあります。例えば、元々社員個人に対する電話が滅多にかかってこない職場の場合、個人宛ての電話はとても目立ってしまいます。

 

同じく、業務上社外からの電話がかかってくるはずのない仕事に就いている方の場合も、在籍確認の電話が不自然に感じられてしまうでしょう。特にパートやアルバイト従業員は社外から個人宛てに電話がかかってくることが滅多にないので、不自然さが浮き彫りになる可能性が否定できません。この場合は電話による会社バレを防ぐ為に、電話以外の方法での在籍確認が可能なキャッシング会社を利用した方が無難かもしれません。

 

電話以外の在籍確認をしてくれるキャッシング会社

キャッシング会社によっては、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれる場合があります。大手消費者金融の中では、モビットとプロミスが書類提出による在籍確認にも対応してくれています。

 

アコムにも、条件次第で電話による在籍確認を避けた利用方法が存在しています。状況次第ではどうしても電話による確認が欠かせない場合もありますが、事前に相談しておけば、書類で在籍確認が出来るキャッシング会社を的確に選ぶ事が可能です。

 

モビットとプロミスは書類による在籍確認が手軽

モビットとプロミスで書類による在籍確認をしてもらいたい場合は、勤務先の保険証や給与明細等の書類が必要になります。各社で指定される書類を用意してきちんと提出することが出来れば、勤務先に対して電話で在籍確認が行われることはありません。

 

ただし、モビットで電話以外の方法で在籍確認をしてもらいたい場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが必要になります。

 

どちらかの銀行口座を持っている方なら手軽に書類のみの在籍確認が可能ですが、どちらの口座も持っていない方は、プロミスの方が手軽だと言えるでしょう。

 

アコムで電話連絡なしにする方法

アコムで電話連絡を避けてキャッシングを利用する方法は、モビットやプロミスとは若干扱いが異なっています。

 

アコムの場合、勤務先が休業日等の理由で在籍確認が行えなかった際に、融資限度額を10万円以下に抑えたキャッシングが提供されるシステムを備えています。

 

後日改めて在籍確認が出来れば限度額が引き上げられますが、このシステムは手続きなしでも適用されるようになっているので、最も手軽な在籍確認回避方法だと言えるかもしれません。

 

アコムでは後日在籍確認が行われる可能性も

しかし、アコムの対応はあくまでも在籍確認に失敗した場合の措置となっています。その為とりあえず正式な在籍確認なしでも10万円以下なら借り入れが可能ですが、後日改めて在籍確認が行われる事態は避けることが出来ません。

 

絶対に勤務先に電話をかけてきて欲しくない事情がある方は、モビットかプロミスの利用をお勧めします。

 

銀行系カードローンの在籍確認は?

消費者金融は比較的柔軟な対応が多く、電話以外の方法での在籍確認を行ってくれる可能性も高くなっています。

 

しかし、銀行系カードローンの審査はより厳正に行われることが一般的なので、基本的には在籍確認を避けることが難しいと言えます。

 

ところがいくつかの銀行では消費者金融並みの柔軟な対応を行っており、電話による在籍確認を避ける手段も残されています。ここでは楽天銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローンを紹介します。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンでは、必ず電話連絡が避けられるというわけではありませんが、希望額が30万円以下の場合は電話での在籍確認が不要になることがあると言われています。

 

確実に電話連絡を避けられるわけではないので可能性の一つとしか言えませんが、「できれば電話連絡を避けたい」程度であれば、楽天銀行で少額融資を希望してみると良いかもしれません。

 

三菱東京UFJ銀行系カードローン

三菱東京UFJ銀行でも公式に発表されているわけではありませんが、勤務先が休日になっている土日や祝日にテレビ窓口から申し込みを行うと、電話での在籍確認がなしになるケースがあると言われています。

 

あくまでも口コミ情報なので断言はできないものの、土日祝日でも利用しやすいという点も含めて、ぜひ検討してみる価値のある銀行系カードローンだと言えるでしょう。