キーワードは“自動審査” 当日キャッシングが出来ちゃいます!

借入の申し込み後に審査が行われるは周知の事実ですが、実は2種類の審査が存在するのです。まずひとつがコンピューターを用いる自動審査です。そして、もう一方が人的作業により行われる本審査のこと。

 

自動審査については、キャッシング会社の便宜を図るためにスピードを重んじて開発されたシステムです。

 

受付情報に記載された氏名・連絡先・職業・家族構成・他社も含めた借入の履歴等を点数に換算し、その点数によって判断を行うというやり方です。これをスコアリングシステムと呼んでいます。

 

信頼に足るスコアリングシステム

このスコアリングシステムは非常に優秀で、多くのキャッシング会社で採用されています。人的なチェックより数倍も速やかに判断が行われるからです。

 

また、今までのローンや借入履歴等もスコアリングに加算し、俗にいう“貸し倒れ率”をもはじき出してくれるのです。

 

更に、貸すに値するか否かという判断だけではなく、融資限度額の算出を適正に行うなど、非常に精度の高い審査が行われています。

 

因みに、貸し倒れ率の高い人は審査を通過しない可能性が高まります。また、審査基準は金利が低い場合ほどリスクが高くなるので厳しくなる傾向にあります。

 

よく「消費者金融会社の審査はほどほどで、銀行系カードローンは審査が厳しい」などと言われていますが、実際は会社毎の規定で定められています。

 

審査はダブルチェックで行います

借入審査は自動と人的チェックのダブルで行うことが殆どです。消費者金融では、自動審査が通れば事実上は融資可能と見做されるので、体裁を整える程度に行われます。

 

でも、本人確認の際に疑わしい様子が窺えたり、収入証明の提出に応じなかったりすると見送られてしまうこともあります。

 

これは、消費者金融の審査に通過できなかった事例の多くが在籍確認や書類不備によって落とされていることからも明らか。自動審査通過後だからとおざなりにせず、最後まで審査に応じれば安心です。

 

銀行の審査は、往々にして時間がかかる場合が殆どです。

 

どんな事項に対してもきっちりと審査を行うからでしょう。それに比べ、消費者金融会社では即日回答が基本です。銀行が審査を終えるまでに1週間以上もの時間を費やすことを考えれば、即日回答の有難みは非常に重く感じられますね。

 

早め早めが万事良し!

消費者金融が銀行よりもスピィーディで便が良いとはいえ、銀行振り込みを選択するならば申込み完了時刻は14時前がベストです。それ以外にも注意すべき点はあるので要注意。

 

もしも自動契約機を利用するならば、14時を過ぎても融資は受けられます。

 

また自動契約機でも身分証明書の提出やローンカードの発行は可能なので、それを持参して提携ATMから引き出せます。その場で申し込みをと考えている場合は、審査時間のことをお忘れなく。

 

審査は1時間ほどかかるので、予めインターネットサービスを介して審査を完了しておくといいでしょう。