5年間は無理だと覚悟が必須

任意整理をした過去があると、二度とお金は借りられないものなのでしょうか。正式な決まりはありませんが、通常は5〜10年後を目安に、再び借りられるようになると言われています。

 

これには歴とした理由があり、信用情報を管理するJICCやCICといった機関では5年間、全国銀行個人信用情報センターでは10年間のデータ保管を行っているからなのです。

 

噂では5年と10年を均して7年とまことしやかに言われていますが、実際は5年もしくは10年と考えるのが正解です。

 

じゃあ、5年経ったら借りられるの!?

では、5年間を経過すれば借りられる業者が見つかるということなのでしょうか。残念ながら、これは誤った認識です。確かにJICCやCICのデータからは消去されますが、もう一方の全国銀行個人信用情報センターから消去されるにはプラス五年間を要します。

 

これはあなたが申し込みを行った際に全国銀行個人信用情報センターへ照会されてしまえば任意整理の事実が明らかになってしまうということ。

 

「確実に借りるまでの期間」と考えるならば、10年間という月日の経過を要するのです。また、10年以上経過したからといって、必ずしも借りられる確約が得られるわけではありません。その時点で貸すに値する資格がないと判断されれば、当然の如く借りられません。

 

冷却期間のクレジットスコアが重要視される傾向にあります

任意整理や他の債務整理期間中でも、所有している全てのクレジットカード、ローンカードを強制的に没収されることはありません。考え方を変えると、データが消去されるまでの冷却期間中にコツコツとクレジットスコアをアップさせることはできるわけです。

 

確実にクレジットスコアがアップすれば、所定の期間内にも審査を通過できる状況に近づきます。通例を鑑みて5年以内であることは考え辛いのですが、これを過ぎれば可能性が格段にアップします。

 

どのような任意及び債務整理を行ったかという事実も関係します

また、任意整理の程度も大いに関係してきます。借金の金額、過払い金の返還履歴などですが、任意整理の金額が小さいほうが有利になります。

 

実際に任意整理の内容については公表が控えられていることもあり不明ですが、最低限の情報は然るべき理由により保管していると考えられます。これは業者が身を守るためにも必要なことですから。

 

一番の優良評価は、過払い金返還などです

任意整理データの中で一番目につくのは過払い金の返還です。この点が、「任意整理というのは過払い請求のこと」と誤解を生む原因ともなっているほど。

 

過払い金の返還は悪質な任意整理とは大きく異なり、権利の執行と考えます。つまり、貸すに値する存在であるとして認められます。

 

優良顧客と比較してしまえば厄介な存在と見做されてしまうことは否定できませんが、傷は浅く、任意整理をした他の利用者の中では一歩リードといった存在です。

 

最低評価を得てしまう任意整理の内容とは?

では、業者が最低評価を与えたくなる任意整理の内容とはどのようなものなのでしょうか。最たるものが、借入金額の減額です。利息分の軽減や帳消しも同等です。

 

これらの任意整理を行う人は数としては決して多くはありませんが、「きちんと返済をしない」グループに振り分けられてしまうので評価は必然的に低下します。

 

このような情報はあくまでも極秘で扱い、今後の金融活動に影響を与えるべきではないと思う人もいるでしょう。

 

しかしながら、金融業者が商いを行う上で、この情報の有無は生命線にもなりかねません。どのような方法かは定かではありませんが、共有されているとしても致し方ないのかもしれません。

 

「私は1年で借りられました!」の真意

「任意整理から然程年数が経過していないにも拘らず借りられた」といった経験談を見かけたことはありませんか?これにはからくりがあって、「審査を終えていた業者から追加融資を少額受けただけ」といった場合が殆ど。

 

非常にラッキーなケースで、審査通過→任意整理→追加融資といった順番で行われたために可能になったわけです。

 

具体的にいうと、アコムからの借入金については任意整理した場合でも、審査済みのプロミスからの融資が無効になってしまうわけではないということです。

 

任意整理情報が他社の借入に影響を及ぼすこともあります

前述のケースは稀ですが、任意整理の情報は然るべき機関を通じて知れ渡ってしまうと覚悟しておきましょう。それは、今まで30万円借りられた業者から10万円しか借りられなくなってしまうこともあるということです。

 

最悪のケースは、全ての業者からお断りされてしまうケース。

 

あくまでも他人の経験談は目安でしかなく、任意整理の加減が異なれば、当然の如くその後の借入に与える影響の度合いも異なります。

 

「この人の場合と同じくらいだから、自分も大丈夫なはず」と安易に思い込んでいると、残念な結果に困り果ててしまう場面に遭遇してしまうかもしれないのです。