なるべく融資額を低く設定しよう

即日融資を受けたい場合はなるべく融資額を低く設定しましょう。

 

融資額を低く設定するワケ

即日融資を受けたい場合はなるべく借りる額を抑えることをおすすめします。

 

50万円以上の借り入れを希望したり、他社からの借り入れ込みで総額100万円以上を希望する場合は収入証明書の方も必要になってしまうため、審査に時間がかかりやすくなってしまうだけでなく、審査に通る可能性も下がってしまうのです。

 

よって、「できるだけ早くお金が欲しい!」という場面ではなるべく借り入れ金額を低く設定するようにしましょう。借り入れ金額が低ければ返済の際のリスクも小さくなるため一石二鳥です。

 

また、総量規制という決まり事が存在するのですが、「年収の1/3以下までしか借りることができない」というルールがあります。これは他社からの借り入れ額も含むものなので注意が必要です。

 

例えば、年収が300万円の人の場合は単純計算で100万円くらいまで借り入れることができますが、既にA社から60万円借りている場合は、この後多くともあと40万円しか借りられないということになります。

 

そのため総量規制も考慮した設定金額を設けることも重要です。

 

ちなみにパートやアルバイトをしている方は借り入れ額を高くても10万円までに設定するのがいいでしょう。

 

パートやアルバイトをしている方は安定した収入を証明することが難しいため、借り入れ希望額を低く設定して返済のしやすさを重視した方がいいです。こうすれば審査にも通りやすくなりますし、返済の際に困ることも少なくなるでしょう。

 

また、きっちりとした利用目的を持って借りることも大事です。消費者金融を利用する際、何のために借りるのかを聞かれることが結構多いので、そのためにも何が欲しくて何に使うのかを明確にしておきましょう。

 

自分の欲しいものがあって借りたいという時は「趣味のために借りたい」と返答しておくといいでしょう。趣味のためにお金を借りたいという人は結構います。

 

間違っても「借金返済のため」「ギャンブルのため」などとは言わないようにしましょう。審査には通らなくなりますし、そもそもその考え方自体が大変危険です。本当に必要なもののために必要最小限の借り入れを行う、これが賢いキャッシング方法です。

 

必要な書類も少なめ

即日融資が目的であれば必要な書類も少なくて済むので手続きの方も簡単です。身分を証明できる運転免許証や健康保険証などのコピーがあればそれだけで申し込むことができます。

 

50万円以下の借り入れであれば収入証明書も必要なく、担保や保証人に関する書類も必要無いのです。その分借り入れまでのハードルが低くなっていますが、借り入れ額はなるべく抑えた方がいいということはどうか忘れないでくださいね。