あなたの信用情報は大丈夫ですか?

比較的に審査が通りやすいと思われがちな正社員のキャッシングですが、通らないという事もない訳ではありません。

 

キャッシング審査に通らないのにはそれなりの理由があります。たいていは信用情報に問題があると考えて良いでしょう。その他にも色々原因は考えられます。審査されるにあたって不利な情報は年収、勤続年数、借り入れの総額、借入件数などが考えられます。

 

借入希望金額の大きさに対して年収が低い

年収が300万円の人が借り入れを希望した場合、総量規制である「年収の3分の1まで借りる事が出来る」に倣うとしたら100万円までは借り入れは可能です。

 

しかし、実際に100万円の借り入れで金融業者が貸してくれるかと言えば恐らく無理でしょう。

 

現実問題から考えると総量規制での限界額まで借り入れを受け入れてくれる業者は殆どないと言っていいでしょう。

 

もしもその総量規制に応じた額が30万円程度だったらもしかしたら金融業者も銀行も貸してくれるかもしれません。何故なら、もしも回収できなかった時の損失がそれ程痛手ではないと考えられるからです。

 

しかし、それがもしも100万円だった場合、回収できないと金融業者や銀行にとってはそれなりにダメージを受けると考えるため、融資の金額が大きい場合には慎重になるのです。

 

このように借入額を高めの金額で融資を希望すると、それなりの年収をもらっている正社員であっても審査を通してもらえないというケースになるわけです。

 

では、改めて限度額を下げて申し込んだらどうなのでしょう?金融業者、銀行でも各社によって対応は変わってきます。限度額を下げて適正な額にすれば審査を通してくれるところもあるようです。

 

しかし、最初の無理な借り入れ申し込みという事実が尾を引いてしまい、そのまま「信用度の低いお客様」ということで審査を通してくれない金融業者や銀行の方が多いようです。

 

これについては金融業者、銀行、申し込みをしたお客様のそれぞれの状況によって変わるでしょう。要は借り入れを希望する場合、限度額ギリギリまでの借入希望は審査に通らないリスクがあるという事です。確実に審査を通したいならば限度額より大幅に下げた金額を希望しましょう。

 

新入社員などの勤続年数の浅い正社員

勤続年数の浅い新入社員などは正社員と言ってもキャッシング審査には不利でしょう。正社員であったとしても、勤続する保証がないからです。

 

実際、3カ月程度で退職してしまう新卒の社員は必ず一定数存在します。また、勤務先の状況にもよるのでしょうが実際に入れ替わりの激しい職場というのも存在します。

 

もちろん、辞めてしまう社員ばかりに問題があるわけではなくブラック企業の存在も社会的に問題になってきていますのでそれだけで個人の信用問題を解決できるわけではありません。

 

しかし、金融業者にとってはそこまでの細かい事情を配慮してくれるわけではありません。

 

ですから勤続年数も審査の基準の一つと考え、勤続年数が浅い場合は正社員でも信用度が低くなってしまい、キャッシングの審査に通らなくなるという事が起きるのです。

 

借入総額や借入件数が多い場合

借入総額、借入件数どちらもキャッシングの審査には不利になります。特に借入件数が多い場合、審査が通らない原因になる事が多いと言えるでしょう。

 

借入総額が同じであっても一つの業者から借り入れている人より借入件数が多い人、いわゆる「多重債務者」の方が圧倒的に不利になります。

 

不利の理由は何故、多重債務にならざるを得なかったかという点にあるのです。つまり、どの業者からも信用度が低いと判断されて少額の融資しかしてもらえないという事なのです。

 

それなりの信用を得られるような人物であれば融資の額も高く設定してもらえるはずです。

 

しかし、そうしてもらえないという事はどの業者も「危険」と判断したからなんです。このように、借入件数の多さはキャッシング審査で相当不利であるという事です。この状態で審査に通るとしたらむしろ悪徳業者の場合もあることも考えておいてください。

 

既に事故情報が個人信用情報として残っている

個人信用情報での事故情報として名前が残っている場合はどんな雇用状態であっても相当不利であるということは覚悟しておいてください。

 

カードローンの審査に置いてこの状態にあるだけで審査対象外、審査を通す事はないという業者が殆どです。

 

ブラックリストと呼ばれるのがこの事故情報の事で自己破産、任意整理、個人再生などの債務整理記録などがあるのですが、これに名前があればまず審査には通らないと考えておいてよいでしょうこの記録は一定時間が経過すれば抹消されますが、JICC、CICは5年保存、全国銀行個人信用情報センターは10年保存、といった具合に長期間にわたって残っています。

 

これ以外にも代位弁財、重度遅延、強制解約、強制退会など色々と事故情報はありますがいずれにしてもこの類の記録に名前が残っている場合は例え正社員でもキャッシング審査に通るという事はまずありませんので注意してください。