キャッシング審査が通過できない理由についてご紹介

カードローンで通り辛い職業は、一言で言ってしまえば、不安定な職業です。カードローンは当然、返済されることを前提条件としてお金を貸すのですから、収入が毎月定額で与えられない職業については、不安定な職業と見なされて、審査に通り辛いのです。例えば、自営業、会社経営者、農業、漁業、水商売、アーティストなどなど、これらの職業は基本的に審査に通り辛いです。漁業や農業は、法人にサラリーマンとして雇われているのな...

キャッシング申込みの過程では、本審査の前段階で行う仮審査があります。これは、ホームページ上で試せる借入診断のことで、業者によってはお試し診断とも呼ばれています。ここで予備の診断を行い、問題が無いようであれば本格的に申し込めばよいというワンステップなのですが、実際はこの仮審査通りの審査結果が下されるとは限らないのです。それは、仮審査でOKと診断されたものの、本審査では断られてしまうこと。極稀に、反対...

きちんと定職に就いている場合でも、キャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。これには色々な理由が考えられます。まだその職場での勤続期間が短い、希望額に対して年収額が低い、そして信用情報に問題がある、この3点が主な原因です。勤続期間は半年以上であれば、まず問題になりません。また希望額は通常50万円以下であれば、これも問題になるとは思えません。ですがこのような場合でも審査に通らないことがあります...

比較的に審査が通りやすいと思われがちな正社員のキャッシングですが、通らないという事もない訳ではありません。キャッシング審査に通らないのにはそれなりの理由があります。たいていは信用情報に問題があると考えて良いでしょう。その他にも色々原因は考えられます。審査されるにあたって不利な情報は年収、勤続年数、借り入れの総額、借入件数などが考えられます。借入希望金額の大きさに対して年収が低い年収が300万円の人...