銀行系カードローンの審査基準を公開!分岐点は年収200万円?

銀行系カードローンを申し込みたいという人は、審査基準がわかれば無駄に審査を受けずにすみますし安心感も強くなるので、審査基準を知りたいという気になります。

 

年収200万円、というところを頭に置いておくといいでしょう。実際、オリックス銀行では200万円、という審査基準がはっきり示されていました。ここから大きく違うとは考えにくく、だから年収200万円が大きな判断基準になるわけです。

 

年収200万円というのはどこから出てきたの?

いきなり、ぽん、と出てきたように感じられる年収200万円ですが、これは200万円以上もらっている人なら、正社員や派遣社員にはなっているだろう、という話です。カードローンでお金を貸す銀行としては、返してもらわなければなりません。

 

返してもらうためには仕事を続けてもらわなければなりませんが、年収100万円程度だと生活を支えるというよりは、生活をある程度豊かにするアルバイト、収入の一部を支えるパートという面が強くなります。

 

つまり仕事を辞められてしまうかもしれないのです。それでは困ります。こういった、一定の収入があり、かつその仕事を長期間続けるだろう、という見込みの額が年収200万円なのです。

 

いや、正社員だけど200万円いってない、という人は本人が悪いというより

もちろん、契約社員、正社員で働いているのに年収が200万円に届いていないという人もいるでしょう。

 

その場合、なにが悪いかというと、会社の状態が悪いのです。払いたくても払えず、そのため社員の給料を上げずにしのごうとしていることがかなり強く感じられます。

 

クビにならなくても、会社がなくなってしまうリスクが高いので、ではやめておこうか、と審査されてしまうことになります。

 

年収200万円あればバイトでもOK?

年収が200万円いっているフリーターというのは、真剣に働いていることが明らかです。

 

景気が悪いこともあって、正社員登用をしないでなんとかしようとしている企業も多いですが、実質、その仕事に欠かせないレベルに達していることが多く、本人が別の仕事にかえることはあってもいきなりクビにはなりにくいのです。

 

この状態を悪用し、そのまま安い給料でこきつかうブラックバイトという問題もあります。ただ、ブラックバイトであってもその会社にとって必要な人なのは変わりなく、辞めさせられることはないのです。

 

銀行系カードローンからすれば、ブラックバイト問題についてはどうしようもないですし、会社にとって欠かせない人材なら返済能力があるので、ちゃんと返済してくれる人であれば、他の点はどうでもいいのです。細かいことはありますが、こういった理由で200万円ある人は強いのです。

 

消費者金融なら200万円なくても平気

年収200万円というのはあくまで銀行系カードローンの場合の基準で、消費者金融ならもっと基準となる金額は低くなります。

 

その基準となる額は100万円以下です。カードローンではなく、キャシングなら基準額はぐっと低くなります。年収が低くても借りられることもあります。

 

借りられる金額は、まあまあ信用してもらえて50万円、最低額は10万円

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制という、年収の3分の1までしか借りられない決まりがあります。ですから年収150万円なければ50万円は借りられません。

 

これに加えて、どういう場所でどのくらいの期間働いているか、すでに他から借り入れはないのか、といったことも審査され、借りられるかどうかが決まります。ですからある意味ではカードローンの基準年収200万円と近い感覚かもしれません。

 

そして、他から借り入れがあったり、返済が滞っていたり、年収が少なかったり、という人は、限度額が10万円からスタートになります。

 

キャッシング限度額10万円が下限

消費者金融、銀行系カードローン、どちらでもキャッシングの最低額は10万円です。これは企業によっては、勤務先の在籍確認をできてもできなくてもいい、くらいの気持ちで貸出をします。かなり軽い金額です。

 

もちろん返してくれなくていい、とまでは思っていませんが、まあ、特に問題がある人でもないし、年収が低いだけなら貸出してみようかな、という金額です。つまり、10万円すら断られてしまったら、よほど返済能力がないと思われている、というわけです。

 

借り入れがふくらんでいるとか、年収が10万円、20万円、というレベルの人です。おそらく借りられないとわかっていても、申し込むしかない、という、借りられない自覚のある人でしょう。

消費者金融VS銀行系カードローン! 審査がラクなのはどっち?

共に融資を行っている消費者金融と銀行。ですが、その審査通過率には大きな違いがあり、消費者金融のほうが銀行に比べ約2倍も審査に通りやすいとされています(この2倍というのは、業界紙および各社の公開月次レポートに基づく値。

 

銀行系カードローンの審査通過率が約20〜30%なのに対し、消費者金融は約40〜45%です)。

 

ここから、審査通過率で見る限り、消費者金融の方が銀行系よりも

 

「借入審査に通りやすい・借りやすい」

 

と言うことができるでしょう。

 

ただし、消費者金融と銀行系…どちらの方が利用しやすいかは、借入希望者(あなた)の“肩書”によっても変わります。それに関しては、ぜひ下記を参考にしてください。

 

学生には「消費者金融」がオススメ!

収入に乏しい学生は…というと、少々事情がかわってきます。

 

銀行商品には「学生は利用不可」というものも少なくないため(オリックス銀行系カードローンなど)、アルバイトなどで多少の収入があるのであれば、消費者金融を利用したほうがよりスムーズに借入ができるのです。

 

ただし学生の場合は、借入できるとしても、利用には「親権者の同意書」の提示が必要な場合が多々あります。このことは、しっかり覚えておくようにしましょう(三菱東京UFJ銀行系カードローンのバンクイックなどがその例です)。

 

年金生活者の方は、商品内容を吟味して自分に合ったものを!

年金で暮らしている方に関しては、「消費者金融」「銀行系カードローン」ともに一長一短あり、どちらを利用すべきかの判断はご自身の状況に合わせて判断していただく必要があります。ここでポイントとなるのは「年齢の上限」と「収入」。

 

年齢で考えると、より高い年齢までを融資対象としている消費者金融の方に分があります。

 

しかしその一方で消費者金融には、総量規制の関係から(年金は安定収入とはみなされないため)年金以外にも何らかの収入がないと借入が難しくなってしまうというデメリットがあるのです。

 

このように年齢・収入環境によって、“どちらが良いか”が変わってくるため、ご自身の状況と各サービス内容・利用条件を照らし合わせながら最適なものを選ぶようにして下さい。